2馬力ボートを入手した2007年4月以降の釣行記です。

大阪府茨木市に在住しておりますので、明石方面と泉南方面がほぼ同距離です。ホームグラウンドは定めず、双方を攻めていこうと思います。

2007/5/27 大阪府泉南沖

ボート釣り 狙い:キス釣、ポイント下見 天気:曇り 潮:若潮 波:0.5〜1m 風:4〜6m
エンジン稼働時間:0.5h位 延べ3h、途中給油なし
経費:石ゴカイ500円、青虫500円、レンガ280円、高速代3500円、ガソリン約3000円(往復160km位)
エサ:前半石ゴカイ、後半青虫。
道具:市販投げ仕掛、オモリ角15号、キス竿とシーバスロッド計2本
釣果:アナゴ40cm 1匹、トラギス10cm 3匹

3度目のボート釣行。来週友人と行く予定があるので、下見とシッティングバー等々の艤装の調子見をかねて釣行です。
T漁港ははじめてでしたので、例によって現地での場所探しから始まって、現地着は10時過ぎ。船を出したのは結局11時半ごろでした。周りの人の状況を見てみると、あんまりつれてないらしいとのこと。

炎天下、組み立てを終えて11:30過ぎに出船。前日に息子の幼稚園のミニ運動会と畑仕事があり、積み込みが夜中になってしまい、寝不足で体調最悪の状態でしたが、案の定出してすぐに酔ってしまい、釣りになりませんでした。

ポイント調査もあきらめて、焼却炉前で冷汗だらだら状態でキス狙い。根魚がくるポイントらしいので、細ハリスのキス仕掛けではなく市販の投げ仕掛けを使用しました。 水深40m地点ではじめたんですが、不勉強で深場でのキス釣りの方法を理解せずに行ったため、偶然かかったちびトラギスが3匹つれただけ… 釣りになってません。自作シーアンカーも入れてみたけど、効いてない感じ… だめだこりゃ
トラギスはリリースサイズですが、子供が釣ってバケツに入れていたら弱ったのでキープ。ちゃんと食べるからね。

酔いもひどくなりそうなので、浅場に移動。しばらくすると竿が引き込まれ、上げてみると立派なアナゴでした。小学生のときにじーちゃんと夜釣りでねらったアナゴを思い出します。太刀魚もそうだけど、あんな形でよくあれだけ引くもんだなぁ。

その後岸に向かって流されるにしたがって、針がかりしないアタリが増えていき(ハゲかフグかな?)、嫁さんから早く帰って来いコールが来たので納竿。
片付けは、漁港の水道が使えるので現地でボートも道具をきれいに洗って、エンジンのフラッシングまでできたのは非常にうれしかったですね。アットホームな雰囲気で、常連が多いのもうなづけます。

3時に納竿したのですが、ボート洗浄、片付け、晩御飯、帰宅、ボート他自宅に収納など、完全に片付け終わって風呂に入れたのは結局11時近くになってしまいました。移動の1時間半が痛いですなぁ。

ちなみにアナゴは、ネットで調べて何とかきれいに捌けました。われながら上出来。翌日、てんぷらにして食べました。

今回の反省
・酔い止め飲んでも体調が悪ければ酔う。眠気を嫌って前日に飲んでたけど、
  現地着時に飲んだほうがいいかも。
・シッティングバーによって座高が上がったので、標準位置の竿受けは低すぎ
・クーラーの表面がめちゃ熱い… 銀色シート張ったほうがよさそう。
・LOGOSの-16℃保冷材で氷は夕方まで持った。いわしきびなごの冷凍ストックは溶けた
・片付けを考えると、3時帰港がベスト。

2007/5/1 兵庫県明石市魚住沖

ボート釣り キス・カレイ狙い 快晴 中潮 べた凪
エンジン稼働時間:0.5h位 延べ2.5h、途中給油なし (このちょうじゃ、いつまでたっても慣らしが終わりませんがな…)
経費:マムシ1000円、青虫500円、高速代3200円、ガソリン約2600円(往復150km位)
2007_0430_211618aa エサ:マムシ、青虫は未使用
道具:市販投げ仕掛、オモリ角10号、筏竿2本
釣果:キス20〜24cm 4匹、カレイ25cm 1匹
2度目のボート釣行。前回はとりあえずボート体験でつりはおまけでしたが、今回は釣りメインで4歳の子供とタンデムです。とはいえ、前輪ドーリーの調整などで手間取り、ボートが出たのは午後になってから…
魚住は明石とはいえ海峡の激流からはちょっと離れているので、沖に出なければ流れもそんなに速くなくて釣りやすかったです。岸と海苔棚の中間くらいでアンカリングして、魚はすべて納竿直前の15時前後に当たりました。
→blog記事へ

2007/4/15 兵庫県姫路市的形沖

ボート釣り 初釣行のため狙いなし 快晴 中潮 べた凪→0.5m
エンジン稼働時間:2h位、給油1回
経費:青虫500円、潮干狩り代3000円、帰省ついでなので交通費なし
2007_0415_143248aa_ エサ:青虫
仕掛:市販投げ仕掛
釣果:ボウズ
進水式でした。ボートを出すのに悪戦苦闘し、釣りどころではありませんでした。一応糸はたれてみたけど、当たりまったくなし。上陸後に合流した息子と父が採ったアサリが唯一の収穫でした。
→blog記事へ

  

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-12 (水) 16:58:33 (4108d)